ひも解くバックナンバ~

【ひも解く#15】経営を救った看板商品「竹炭豆」の開発とは?生口島しまなみナッツファームから始まる循環型モデル「ナッツサイクル」とは をひも解く [ゲスト:上迫 豊 様(豆徳 徳永製菓株式会社 代表取締役)]

公開日:2023.07.06

更新日:2023.12.12

FMふくやま(77.7MHz)にて 毎週月曜日13:00~13:30放送中のラジオ番組「ひも解くトーク~マミーの隣空いてます♪~」を振り返る「ひも解くバックナンバ~」。
第15回目は、豆徳 徳永製菓株式会社の代表取締役・上迫 豊 様をゲストにお迎えしています。

上迫様には、経営を救った看板商品「竹炭豆」の開発秘話や、生口島しまなみナッツファームから始まる循環型モデル「ナッツサイクル」などのお話を伺いました。

▲(左から)SDGsビジネスマスター・藤原 真由美さん(マミー)、豆徳 徳永製菓株式会社 代表取締役・上迫 豊 様

【今回のひも解くテーマ】
・創業明治2年の老舗豆菓子店 豆徳 毎月1品の商品開発
・先代の経営危機を救った竹炭豆の開発秘話
・上迫社長の考え方「コントロールできることは考えない」とは
・しまなみナッツファームの循環サイクルとは

「ひも解くトーク~マミーの隣空いてます♪~」とは?

「ひも解くトーク~マミーの隣空いてます♪~」は、備後エリアで活動(SDGs、CSR)をしている方をゲストに招き、みらいへの想いをひも解くトーク番組です。

パーソナリティを務めるのは、遺品整理・生前整理・特殊清掃を手掛ける「株式会社ココピア」の取締役であり、SDGsビジネスマスターの資格をもつ、藤原 真由美(ふじわら まゆみ)さんです。

パーソナリティ プロフィール

藤原 真由美(ふじわら まゆみ)

藤原 真由美(ふじわら まゆみ)

遺品整理・生前整理・特殊清掃を手掛ける「株式会社ココピア」の取締役。孤独死の現場に触れる中で「誰もが人生を全うできる社会」を自身の理念とする。SDGsビジネスマスターの資格を取得後、自社でもSDGsを実践している。テゴラボが運営するラジオ番組「ひも解くト〜ク」のパーソナリティも務める。

放送アーカイブは、YouTubeほか、ポッドキャスト(Spotify)でも公開中です。
YouTube公式チャンネルのチャンネル登録も、ぜひお願いします!

※ポッドキャスト(Spotify)での視聴はこちらから。
※YouTube公式チャンネルはこちらから。

シェアする

この記事のタグ

TEGO-LABに関して

会員になってTEGO-LABの活動に参加しませんか?
社内説明や入会前のご相談はフォームまたはお電話にてお問い合わせください。

084-931-1245

平日9:30-18:00